• ホーム
  • 腹筋で鍛えてダイエット&シックスパックを目指そう!

腹筋で鍛えてダイエット&シックスパックを目指そう!

健康的な身体を作りたい、体型を維持したいといった理由でダイエットを行う方も多いものです。
せっかくダイエットをするのであれば、単に体重を落とすだけでなく、引き締まった体を手に入れたいものです。

一度体に脂肪が溜まってしまうと、皮膚がそれに合わせて伸びてしまいます。
そのため、急激に体重を落とすと皮膚がその伸縮のスピードに対応できず、たるんだまま残ってしまいます。
一度たるんだ皮膚は簡単に改善することが出来ないので、脂肪を落とす時は時間を掛け、筋肉を鍛えながら徐々に引き締めていく必要があります。

身体の中で特に脂肪が溜まりやすいのは腹部です。
何故なら骨が少なく、外部からの衝撃から内臓を守るために脂肪を蓄えようとするからです。
ぽっこりとした下腹は見た目も不健康に見えますし、おしゃれなファッションを楽しむことができなくなります。

特に男性は女性に比べて内臓脂肪が付きやすく、様々な疾患を発生させる危険性があります。
脂肪を燃焼させることは、単にスタイルをよく見せるだけでなく、病気の予防のためにも非常に大切なことなのです。
幸い、内臓脂肪は炭水化物を控えて鍛えていくことによって、比較的容易に落とすことが出来る脂肪です。
腹筋を鍛えて、あこがれのシックスパックを手に入れていきましょう。

女性の場合、男性よりも皮下脂肪がつきやすくなっています。
皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落ちにくいので、長期的なスパンで徐々に落としていく必要があります。
しかし、単純に腹筋を鍛えるだけでは、女性特有の美しいくびれを手に入れることは出来ません。
くびれを作るためには、ダイエットで無駄な脂肪を落としつつ、脇腹にある腹斜筋を同時に鍛えていく必要があります。

ダイエットも正しく行わないと、体に負担をかけてしまいます。
過度な食事制限や、無茶な運動を取り入れるのではなく、計画的に行っていくことが大切です。
健康的な身体を維持していくためにも、まずはしっかりと続けられるプランを立てていくようにしましょう。

腹筋を割るためにオススメの器具

男性にとってしっかりと割れたシックスパックは憧れのものです。
たくましく、美しいシックスパックを手に入れるためには、適切なトレーニングを行うことが大切です。

まずおすすめなのがローラーを使った腹筋運動です。
自宅でも手軽に行えるというメリットがあります。
腹筋ローラーはお腹の筋肉だけでなく、腕の筋肉や体幹を鍛えるのにも効果的です。
ただし、慣れない内は難しく、続けにくいというデメリットもあります。

筋トレ初心者におすすめなのはクランチ運動です。
クランチ運動は腰への負担も軽く、手軽に行える運動ですのでダイエットとしても効果的です。
まず、ベンチやマットの上に仰向けになり、足を90度に曲げ、両手は頭の後ろに回します。
そのまま息を吐きながら軽く状態を持ち上げ、数秒キープし、息を吸いながら元の位置に戻します。

プランク運動も手軽に行えるトレーニングとして非常におすすめです。
マットの上に肘を曲げてうつ伏せになり、肘と足先だけで身体を浮かせます。
そのまま頭から爪先まで一直線になった状態で1分ほどキープしましょう。
プランク運動はヨガから派生した運動で、体幹を鍛えるメリットもあるので女性にもおすすめです。

本格的な腹筋トレーニングとしてぺルビスレイズが挙げられます。
やや難易度が高くなりますが、その分ガッチリと腹筋を鍛えることが出来ます。
まず、フラットベンチに仰向けになり、両腕でベンチをつかます。
そのまま足を垂直に立て、ゆっくり呼吸しながら腰を浮かせていきます。

慣れてきたら90°以上に角度を広げて行ってみましょう。
角度をつけた方向に足を伸ばすようにしていきます。

ぺルビスレイズはひねりを加えることで腹斜筋を鍛えることも出来ます。
ただし、フラットベンチがないと行いにくいというデメリットもありますので、ジムなどで行う際に是非トライしてみましょう。