• ホーム
  • 糖質制限ダイエットを始めてみよう

糖質制限ダイエットを始めてみよう

糖質制限ダイエットは、たんぱく質、脂質、糖質という三大栄養素のうち、糖質を制限するという食事制限ダイエットです。
元々はダイエットではなく、糖尿病のコントロールのために考えだされた食事療法です。

糖質制限ダイエットの方法は、食事の中から糖質を制限するというものです。
炭水化物を抜くダイエット方法だと思っている人も多くいますが、炭水化物から食物繊維を除いた物が糖質です。
食物繊維はダイエット中であっても積極的に取る必要があるので注意しましょう。

糖質制限をすることで、血糖値の激しい上下を抑えることができます。
人間の体というのは、糖質が入ると血糖値が上昇し、インスリンが分泌されることで筋肉や肝臓にブドウ糖をグリコーゲンとして蓄えます。
ブドウ糖は体を動かすと消費されますが、余った分は脂肪として蓄えられます。

糖質制限をすることで、インスリンは分泌されなくなり、結果として脂肪として蓄えられなくなります。
糖質を制限すると、体は糖エネルギーの代わりに中性脂肪を燃やすことでエネルギーを得るようになるので、脂肪が燃えやすい体になります。

中性脂肪がつきにくく、さらに中性脂肪を分解しやすくなるので、ダイエット効果が高い方法として知られます。
糖質を制限すると、食事で得られるカロリーは大幅に減少しますが、その点はたんぱく質や脂質といった他の栄養素を多く食べることでカバーします。

糖質以外なら好きなだけ食べられると思う人もいるようですが、注意点として必要カロリーの倍以上のカロリーはとらないようにしなければいけません。
いくら食事制限がないといっても、脂っこい食事を毎食食べるというようなことも避けるようにしましょう。

脂質は体にとって必要な栄養素ですが、取り過ぎは禁物です。
極端に制限してしまうと、体の調子が悪くなってしまうので、適切な量に気を付けながら食べるようにしましょう。
たんぱく質は筋力の低下を防ぐためにも積極的にとりましょう。

糖尿病も改善される糖質制限食とは?

糖質制限をすることで、糖尿病も改善することができます。
三大栄養素のうち、血糖値を急激に上昇させるのは糖質だけです。
糖尿病では、食後の血糖値の上昇が大きな問題になるため、糖質を制限することで血糖値のコントロールをしようとしています。

そもそも、糖尿病で高血糖になるのは、インスリンが効きにくくなったり、インスリンの分泌量が低下するためです。
糖質制限により、臓器を休ませることで、インスリンの分泌の機能を回復することにも役立ちます。
さらに、糖質制限食では、肥満も改善することができます。

糖尿病の治療には、食事の改善が欠かせませんが、従来の方法では計算などが面倒で長続きしないということがありました。
食事のコントロールがうまくいかないと、血糖値のコントロールもうまくいかず、結果として糖尿病が悪化してしまうことにつながります。

糖質制限食では、たんぱく質と脂質については意識することなく、糖質を制限するという分かりやすい方法です。
毎日の食生活の中でも取り入れやすく、効果も高いので今まで食事コントロールで悩んでいた患者さんからも好評です。
毎日食事のカロリー計算をして、バランスの良い食事を作ると言うのは大変なことですが、糖質制限ならごはんやパン、麺類などを避けることで制限が可能です。

ただ、肉類や油物が増えるとコレステロール値が増えやすくなると言う注意点があります。
血糖値を下げる薬を飲んでいる場合は、血糖値のコントロールをする上で、医師と相談して糖質制限を行うようにしましょう。
コントロールがうまくいくと、自分にごほうびとしてケーキなどを食べてしまうこともあります。
意識を持ってコントロールする必要があります。